DENTSU CREATIVE X INC. RECRUIT 2019

プロダクションマネージャー
天野 香波
2017年入社

学生時代について

お客様の「ありがとう」が嬉しい
カフェのアルバイトに夢中でした。ラテやカプチーノの美味しいカスタマイズをお客様に提案して「ありがとう」と言ってもらえると嬉しくて。人に喜んでもらえることがやりがいでした。学校では、社会学部で街づくりや環境問題を学んでいましたが、広告業界出身の先生が担当する講義が面白くて、広告やCMに興味が湧きました。母が服をつくる仕事をしていて、子どもの頃からモノづくりの過程を見ていたことも、広告制作に興味を持った理由のひとつです。

入社を決めた理由

最後の最後は、社員の皆さんの人柄
いろいろな広告制作会社が集まる合同説明会に参加した時のこと。電通クリエーティブXのブースは満席で、立ち見の学生がいるほどでした。ところが次の回に行ってみると、社員の方が私の顔を覚えていてくださり、席を空けておいてくれて。志望度が一気に高まった瞬間でした。選考中に出会う社員の方々も「どんな学生だろう」「良いところはどこだろう」と一人ひとりの個性を引き出すために、真剣に向き合ってくれて。最後の最後は、社員の皆さんの人柄に惹かれて入社を決めました。

仕事のやりがい

小さな作業が大きく膨らむ
意外だったのは、パソコンと向き合う時間がけっこう長いこと。撮影以外にも、資料探しや資料作成などコツコツ系の仕事があります。私が見つけた資料を参考にして打合せが進んだり、その結果、撮影スタジオに大きな美術セットが組まれたりすると、「小さな作業が大きく膨らんでいくんだ」と、役に立っていることを実感します。お正月に実家へ帰り、親戚が集まる中、私が担当したCMがテレビで流れて、みんなに「すごい!」と喜んでもらえたことも嬉しかったです。

※2018年3月時点の情報です。

他の社員のインタビュー