DENTSU CREATIVE X INC. RECRUIT 2019

デザイナー
飯塚 朋未
2017年入社

学生時代について

デザイン漬けの日々
芸術系の大学で、映像、グラフィック、インターネット、空間など、幅広いメディアで表現するための知識やコンセプトの立て方、企画の考え方を学びました。在学中は、先生から出される課題制作とグラフィックデザイン事務所でのアルバイトに夢中で、デザイン漬けの日々を楽しく送っていました。陸上長距離の観戦が大好きで、誰に頼まれたわけでもなく、箱根駅伝のポスターを勝手につくりました(笑)。そのポスターは、就職活動で提出するポートフォリオのひとつにしました。

入社を決めた理由

手を動かしてデザインしたい
就職活動をスタートした当初、メーカーの社内デザイナーや、広告会社のクリエーティブ職に応募していました。ただ、選考が進むにつれて、“自分で手を動かしてデザインしたい”という気持ちが強くなり、広告制作会社にも応募。他のデザイン会社からも内定をいただきましたが、クリエーティブにより幅広く関われそうな電通クリエーティブXに入社を決めました。今は、先輩のもとでWebサイトや新聞・雑誌広告など、いろいろな媒体のデザインを担当しています。

仕事のやりがい

自分のデザインが世に出る
新人研修が終わり、配属されてすぐの頃。社内の人にイラストが得意なことをアピールしていたら、お菓子メーカーのスペシャルサイト制作案件に、デザイナーとして関わらせてもらえることに。私が提案した手描き風イラストで構成する案が採用されて、スペシャルサイト全体のデザインまで担当できることになりました。先輩にアドバイスをもらいながら、自分の持てる力を全て出し切って、やり遂げたサイトが公開された瞬間は「頑張って良かった」と、心から思いました。

※2018年3月時点の情報です。

他の社員のインタビュー