受賞 JAC AWARD 2021において
2部門でグランプリを受賞!
2021.12.08

JAC AWARD 2021において、2部門でグランプリを受賞!

一般社団法人 日本アド・コンテンツ制作協会(JAC)が主催する「JAC AWARD 2021」の受賞者が発表され、当社所属の爲末 亘哉がプロデューサー部門のグランプリを、細谷 正太がプロダクションサポート部門のグランプリを受賞しました。また、プロデューサー部門では羽角 和弘、五郡 由賀、山下 誠がメダリストに、プロダクションマネージャー部門では北本 航がファイナリストに、ベストプラクティス部門では大川 崇史がファイナリストに選出されました。今回、当社から応募した7名全員がファイナリスト以上に選出されたことになります。

一般社団法人 日本アド・コンテンツ制作協会(JAC)が主催する「JAC AWARD」は、映像文化の発展と業界の活性化のため、映像クリエイターの発掘・育成・映像技術の向上や若手のモチベーションアップと人材育成を図り、制作サイドの見地から表彰する賞として、2007年に設立されました。2020年は中止となり、今回は2年ぶりの開催となりました。

12月7日に最終審査会がオンライン開催され、JAC正会員社・準会員社・賛助会員社の社員(契約社員含む)を対象に、制作したCM作品に対する能力・努力・アイデアを評価するプロデューサー部門とプロダクションマネージャー部門、制作費500万円以下に限定し創意工夫によるクリエイティブ貢献度を評価する「ベストプラクティス部門」(新設)、各社における労務改革、ワークフロー改革等を実現したアイデアや取組みを評価するプロダクションサポート部門の計4部門で各賞が発表されました。


プロデューサー部門

2022年3月31日の時点で36歳以下もしくは経験年数が6年以下のプロデューサー対象

〈グランプリ〉爲末 亘哉

エントリー作品:サントリーホールディングス株式会社/企業広告「話そう。」シリーズ


〈メダリスト〉羽角 和弘

エントリー作品:森ビル株式会社/ブランドムービー「DESIGNING TOKYO」


〈メダリスト〉五郡 由賀

エントリー作品:クボタ株式会社/企業広告「企業2019 Try For Dreams.」


〈メダリスト〉山下 誠

エントリー作品:「YAKUSHIMA TREASURE ANOTHER LIVE from YAKUSHIMA」


プロダクションサポート部門

〈グランプリ〉細谷 正太

エントリー施策:新型コロナウイルス感染症対策を本気で行いながら制作部にどれだけ寄り添えるかを目指す組織「プロダクションサポートチーム」


プロダクションマネージャー部門

2022年3月31日の時点で29歳以下もしくは経験年数が6年以下のプロダクションマネージャーが対象

〈ファイナリスト〉北本 航

エントリー作品:「YAKUSHIMA TREASURE ANOTHER LIVE from YAKUSHIMA」


ベストプラクティス部門

2022年3月31日の時点で36歳以下の社員が対象

〈ファイナリスト〉大川 崇史

エントリー作品:株式会社ホンダネット京奈/カースク「バラ・WEBで」、シマダオート「階段・買うなら」「踊り場・売るのも」


詳細は下記ページでご覧いただけます。
JAC公式サイト


【本件に関するお問合せ先】
株式会社 電通クリエーティブX コーポレートマネジメントグループ 総務部 広報課
Tel 03-6264-6792

NEXT
PREV
BACK
PAGE TOP