お知らせ 当社所属・小川信樹がアジア太平洋地域の
クラフトアワード「CICLOPE Asia」の審査員に決定
2021.07.14

当社所属・小川信樹がアジア太平洋地域のクラフトアワード「CICLOPE Asia」の審査員に決定

当社に所属する小川信樹が、アジア太平洋地域の広告およびミュージックビデオ作品に特化するクラフトアワード「シクロペ・アジア(CICLOPE Asia)」で審査員を務めることが決定いたしました。

「CICLOPE Asia」はアジア・太平洋地域で開催されている他の広告祭とは異なり、広告およびミュージックビデオ作品のアイデアよりもクラフト(出来栄え)を評価する国際賞です。その根底には、出来栄えはアイディアと同じくらい重要であると同時に、消費者の経験を大きく左右する要因となるとの信念があります。2010年に設立された「CICLOPE Festival」のアジア太平洋地域の予選大会として、Direction(監督)、Animation(アニメーション)、Visual Effects(視覚効果)、Cinematography(シネマトグラフィー)、Casting(配役)、Original Music(オリジナル楽曲)部門など様々な部門ごとの表彰を行っています。



小川 信樹(プロデューサー)

大阪と東京、両都市での制作経験を経て、2008年より電通の子会社(当時)でグローバル案件の専任職を務める。2014年に電通クリエーティブX・国際部の立ち上げに携わり、多くの国内外クライアントと積み上げた大小様々なプロジェクトを通し、ソリューションとなるコーディネートをグローバルスケールで展開。2020年、株式会社電通クリエーティブXへ転籍。


「CICLOPE Asia」審査員紹介ページ


【本リリースに関するお問合せ先】
株式会社 電通クリエーティブX コーポレートマネジメントグループ 総務部 広報課
Tel 03-6264-6792

NEXT
PREV
BACK
PAGE TOP