受賞 2021 YouTube Works Awardsにて
2作品がファイナリスト入賞
2021.05.28

YouTube Works Awards Japan 2021にて、2作品がファイナリスト入賞

「YouTube Works Awards Japan 2021」Force for Good部門において、当社が制作に携わった2作品がファイナリストに入賞いたしました。

「YouTube Works Awards」は、YouTubeで高い効果を獲得した動画広告を表彰する広告賞です。イギリスで始まり、アメリカなど世界各国で開催され、日本では初開催となります。2020年中に日本国内向けに広告配信をしたYouTube広告キャンペーンを対象に、広告界・YouTubeを代表するクリエーターが審査を行い、「戦略的かつ高いクリエイティビティを発揮し、広告主のビジネスに最も貢献したキャンペーン」を選出します。

5月27日、「Creative Effectiveness」、「Media Orchestration」、「Performance for Action」、「Small Budget, Big Results」、 「Force for Good」、「Breakthrough Advertiser」、「YouTube Creator/Partner Collaboration」の7つの部門、40作品のファイナリストの中から、グランプリ1点と部門賞7点が発表されました。

Force for Good部門

〈ファイナリスト〉
広告主:サントリーホールディングス株式会社
作品名:サントリー「話そう。」
プロデューサー:多田 真穂、爲末 亘哉、宮本 理香
プロダクションマネージャー:越部 友貴、村島 匠、佐々木 麻里

〈ファイナリスト〉
広告主:江崎グリコ株式会社
作品名:Glicoチョコレート感謝ムービー「何処かの街の君へ」
プロデューサー:大賀 遊、飯田 祐司
プロダクションマネージャー:西澤 優花、神部 映見

詳細は下記ページでご覧いただけます。
YouTube Works Awards Japan 2021 オフィシャルサイト

【本件に関するお問合せ先】
株式会社 電通クリエーティブX コーポレートマネジメントグループ 総務部 広報課
Tel 03-6264-6792

NEXT
PREV
BACK
PAGE TOP