受賞 2019 59th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS
マーケティング・エフェクティブネス部門で
「ACCブロンズ」を受賞
2019.09.13

2019 59th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS マーケティング・エフェクティブネス部門で 「ACCブロンズ」を受賞

「2019 59th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」マーケティング・エフェクティブネス部門にて、当社が制作に携わった作品がACCブロンズを受賞いたしました。

一般社団法人 ACCが主催する「ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」は、テレビ、ラジオCMの質的向上を目的に、1961年に設立された「ACC CM FESTIVAL」を前身とする国内最大級の広告賞です。マーケティング・エフェクティブネス部門は、「マーケティング戦略×クリエイティビティ」で「成果」をあげた施策やキャンペーンを評価し、単に規模の大きさではなく、広告主や社会課題の解決に繋がる驚きのある企画力・発想力が重視されます。

マーケティング・エフェクティブネス部門の選考対象となったのは、2018年7月1日から2019年6月30日の間に実施されたキャンペーン施策です。二次審査を通過した11チームによる、公開プレゼンテーション形式の最終審査会が9月3日に開催され、ブロンズ以上の各賞が決定しました。

その他の部門の選考結果は、後日発表されます。

マーケティング・エフェクティブネス部門

〈ACCブロンズ〉
広告主:株式会社 伊勢半
商品名:KISSME
キャンペーン名:顔採用、はじめます。
プロデューサー:寒河江 啓之
プロダクションマネージャー:齋藤 陽出海
デザイナー:東 翔太
Webディレクター:大場 悠治

〈ACCファイナリスト〉
広告主:Indeed Ireland Operations Ltd.
商品名:Indeed
キャンペーン名:麦わらの一味募集キャンペーン
プロデューサー:岡本 拓自、小田倉 航
プロダクションマネージャー:爲末 亘哉、忍田 清成、佐々木 麻里
デザイナー:東 翔太、赤羽 誠、西澤 志野

詳細は下記ページでご覧いただけます。
マーケティング・エフェクティブネス部門 入賞作品リスト

【本件に関するお問合せ先】
株式会社 電通クリエーティブX コーポレート企画部
Tel 03-6264-6792

NEXT
PREV
BACK
PAGE TOP