RECRUITING SITE 2018

JOB

職種紹介

Producerプロデューサー

広告コンテンツ制作の総責任者。制作スケジュールや予算の管理をはじめ、企画にあった制作スタッフ(ディレクター・カメラマン・美術デザイナーなど)の提案、撮影・編集・録音など、すべての工程をプロデュースします。広告会社、クライアント(広告主)、制作スタッフと連携を取り、質の高いコンテンツを目指してチームを牽引します。

Production Manager
プロダクションマネージャー

プロデューサーのたまご。制作作業が円滑に進むように、企画立案のための資料探しをはじめ、スケジュール・打合せ資料の作成、ロケ地・撮影スタジオの手配、オーディションの準備、お弁当やケータリングの手配などをプロデューサーの補佐的な立場で行います。仕事の幅は広いですが、制作に関わるヒト、モノ、予算の全体像を把握できます。

Directorディレクター

映像の企画・演出を行う指揮官。現場では「監督」と呼ばれることもあります。プロデューサーと連携し、CMやオンラインムービー、ミュージックビデオ、VR やプロジェクションマッピングといったテクノロジーを使った映像コンテンツなど、表現のクオリティを追求します。企画・演出内容を伝える絵コンテの作成や撮影手法、カメラワーク、出演者の演技指導、編集など、映像表現に関わるすべてを指揮します。

Designerデザイナー

グラフィックやWeb、イベント空間など、幅広いデザイン領域において、伝えたいメッセージを視覚的に表現するプロフェッショナル。ポスターや新聞広告、商品パッケージなどの印刷物、Webサイトやアプリといったデジタルコンテンツなどのデザイン表現に関わるすべての工程を担当します。デザイナーとしてスキル・経験を積み、将来的にはアートディレクターを目指します。

Engineer / Interactive Director
エンジニア / インタラクティブディレクター

Webサイトやアプリ、インスタレーション、ライブパフォーマンスなど、デジタルを起点とした施策の企画・開発を担当します。最新テクノロジーのリサーチやプロトタイピングも重要なタスクです。将来的には、プロジェクト設計や品質管理を行うインタラクティブディレクターの他、エンジニアとしてプロフェッショナルを目指すことができます。