RECRUITING SITE 2018

Designer
デザイナー

小澤 玲Akira Ozawa

2011年新卒入社

Q 現在はどのような仕事をしていますか?

今は、メーカーのカタログや新聞・雑誌広告、店頭ツールなどのグラフィックデザインを担当しています。最近はイベントの空間デザインも手がけました。ロゴの開発からプロモーションツールの制作、会場に展示する作品選びや配置などを一手に任せてもらって。先輩のフォローもありましたが、主催者の方にたくさん褒めていただきました!

Q デザイナーになろうと思ったのはなぜですか?

中学時代の友だちがきっかけでしたね。私が描くイラストを友だちがおもしろそうに見てくれたことが嬉しくて、高校、大学とデザインが専攻できる学校に進みました。大学では、3DCGや動画にも挑戦しましたが、しっくりきたのがグラフィック。家具屋さんやケーキ屋さんのデザイナー職も受けましたが、最終的にいろいろな広告がつくれそうなクロスに入社しました。

Q デザイナーの苦労は何ですか?

デザイナーと聞くと華やかそうですが、けっこう泥くさいです。たくさんの赤字が戻ってきて別案をつくり直すこともあれば、入稿前に企画がひっくり返ることもあります。それでも続けているのは、自分の意志が反映されたものが世の中に出ていくからですね。今でも、街中や店頭で自分がつくったものを見ると、がんばってよかったと思います。

Q どのように仕事を進めますか?

クリエーティブディレクターやアートディレクター、コピーライターなどとチームを組みます。一緒に企画から考えて、商品の見せ方やカタログの構成なども意見を交換しながら進めていくことが多いです。企画によっては、カメラマンさんやイラストレーターさんに依頼をして、相談しながらビジュアルをつくっていくこともありますね。

Q クロスの魅力は何ですか?

後輩のことをすごく考えてくれる先輩の存在です。入社してから人間関係で悩んだことがありません。1年目のころ、髪の毛の合成に悪戦苦闘していた私のそばを通りかかった他部署の先輩が手伝ってくれて。ていねいに合成の方法まで教えてくれました。「他部署なのに、忙しいはずなのに、やさしい人だなぁ」と。その人が今、私の師匠です(笑)。

Q これからの目標は何ですか?

最近、Webデザインに挑戦しています。覚えることはたくさんありますが、自分の可能性を広げていけるチャンスをもらえる環境はありがたいです。数年前と比べて、Webデザインのスキルが求められるケースが増えています。グラフィックに限らず、いろいろなデザインをやってみたい人にぴったりな会社だと思いますよ。

► ほかの社員インタビューを見る